⏱この記事は6分で読めます

 

 

 

まだまだ仮想通貨市場も「夏枯れ相場」が続いていますね。

 

だいぶん暑さも和らいできましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。

 

今年の夏は異常な暑さでした。

 

 

さて、そんな今日この頃ですが、歌手で俳優でさらに実業家のGackt(ガクト)さんも戦略アドバイザーして主要メンバーに加わっている仮想通貨「スピンドル」ですが、どうやら一連の報道のあと、金融庁から目をつけられ、今後の追及を逃れる為に海外逃亡を行ったそうです!!!

 

 

これが本当なら由由しき事態です!

 

 

絶対に見逃せません!

 

 

僕の正義感に反します!!!

 

 

じっちゃんの名に懸けて、この仮想通貨戦略あどばいざー、ケイシ・タチバナが真相に迫ります!

 

 

これはその真相に迫った衝撃のレポートの全容です!!!

 

 

心して読んでください!!!

 

 

1.Gacktコインことスピンドルチームの海外逃亡!!!その流れを簡単に

 

ことの発端は各ウェブ上に拡散された様々なニュースメディアによる下記の様な記事からでした。

 

<ポイント>

・仮想通貨「スピンドル」の企画・販売会社が、15日をもって日本から撤退する

・通称GACKTコインとも呼ばれ、金融庁から資金決済法違反の疑いを指摘された

・IT関係者は、当局の捜査が迫る前に「夜逃げ」をしたような印象だと話した

 

 

仮想通貨「スピンドル」が日本撤退発表 “広告塔”GACKTも緊急避難?

 

 

この記事に関しては、あまりにもヒドイ内容なので、ちょっとツッコミを入れていってみようと思います。

(笑)

 

ツッコミは以下から

 

 通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」の企画・販売を行うB社が今月15日をもって、日本から“撤退”することを発表した。

 

⇒撤退というか、活動の拠点をアジア、イギリスに移しただけ。日本は今後仮想通貨の分野では世界から大きく後れをとり、「衰退」していく事を見込んでのこと。

 

また、どうしてもGackt(ガクト)さんが関わっているという事で、各メディアやよく分かってない言論人だかインフルエンサ―(笑)がアクセス稼ぎのネタにするのでその辺も考慮してのこと。

 

人を集めるのって大変なんですよ。

 

特に、メディア関係の仕事は人が集まらないと食っていけないですからね。

 

彼らも大変なんです。

 

ここでハッキリと言っておきますが、メディアやユーチューバーみたいな人達の「ホトンド」は、ただの「アクセス稼ぎ」「人を集める為」「注目させるため」のネタに利用しているだけです。

 

以下は公式テレグラムからの引用です。

 

実際にガクトさんや、運営メンバーの方が直に質問や疑問などに答えています。

 

これはその内容のほんの一部です。

 

 

①野田総務相が関わったとされる「圧力問題」について

 

 

話題に挙げられている記事

http://kanasoku.info/articles/111133.html

 

 

②スピンドルの拠点が海外移転してことについて

 

 

 

 

 

 

 

 

週刊誌などは、ある事実の一部分を切り取って、意図的に自分たちの都合のいいように歪曲しているんですね。

 

 

また、本当に何も調べていなく、また調べていても「良く理解していない」人達があまりにも多い印象です。

(特にユーチューバーなど)

 

 

 

情報リテラシーを高める一番の近道は、「一次情報のみを得て、自分の頭で考える」です。

 

 

 

特に、生き馬の目を抜く世界的ポーカーゲームの様な金融市場ではこれはとても大事です。

 

 

 

 

これが出来ないと稼ぐどころか損失を出し続け撤退、ヘタをすると破産したりします。

 

 

 

*残りの記事については書こうと思えばいくらでも書けますが、長くなりそうなので省略します。

(笑)

 

 

 

 

では、また!!!

 

 

 

(^O^)/