⏱この記事は11分で読めます

 

8月10日にもしかしたら承認される?!!!、といわれていたCBOE(シカゴ・オプション取引所)のビットコインETFですが、9月30日まで延期するよー!、と発表されてからビットコインの価格は

 

「噂で買われて真実で売られる」

 

という相場の格言そのまんまの値動きになりましたね。

(笑)

 

相場の動きなんて所詮「人間心理の集合体」なので、いつの時代も変わりません。

 

この一連の動きで大きく利益を得た人もいたことと思います。

 

トレードするには本当にカンタンな相場でした。

 

それはいいんですが、もう年始以来ずっと仮想通貨の価格は下落しつづけていますよね。

 

最近これをうけてTwitterやFacebook、

その他のSNS上でよく言われている

ようにもう

 

「仮想通貨は終わり」

 

なのでしょうか?

 

ちょっと考えてみましょう。

 

1.仮想通貨は、年始以来もうズー―――と下落やんか!もう終わりなんやろ?!!!

 

結論からいうとむしろ、

 

「今からが本当の始まり」

 

です。

(いきなり文字を大きくしてすいませんw)

 

 

 

去年(2017年)までは、イワユル「専門家」の方々が良く言っていたように、

 

「仮想通貨はバブル!」

 

「ただの投機の対象」

 

「タダただアヤシイもの」

 

 

でしたが(笑)、今年に入ってからはその投機マネーが一気に引きあげられて、実態を伴った市場にシフトしていくその過渡期が「現在の状況」です。

 

*基本的に僕は「専門家」のいう事は参考程度にきき流しています!!!

 

 

去年までの価格形成は、市場規模が小さく、入ってくる資金が少なかったこともあって簡単に「仕手」みたいに誘導でき、この価格操作をやった組織なり団体なりは大儲け出来たでしょうね。

 

<2017年8月から今年5月までのビットフライヤーのビットコインチャート。こんなチャートの形は偶然には起こらない>

 

 

ビットコインに関わらず、話題になった「カルダノ エイダコイン」や「リップル」なんかも全部同じチャートの形です。

 

 

<エイダコインのチャート>

 

エイダコインは上場してから3円程でしたが、1カ月ほどで133円になりました。

(44.3倍)

 

 

<リップルのチャート>

 

リップルは25円前後だったのが1カ月ほどで400円近くになりました。

(約15倍前後)

 

 

 

全部、短期間で一気に価格が上がって、直ぐに下落してますね。

 

 

大きな資金を一気に入れて、買いを誘導させ、大衆がこれを見て高値で買っている最中にこの相場を作った「クジラ」だの「大口」だのと呼ばれている連中は少しずつ売る抜けているんですよね。

 

 

彼らは大衆とは常に

 

 

「逆の行動」

 

 

をします。

 

価格が上がっている最中に買ったりはしないんですよね。

(押し目とかの場合は除く)

 

この記事を読んだ人で、今から仮想通貨に参戦しようとしている人は良く覚えておいて下さい。

 

以上の内容って、基本的な事なんですが大抵の人が知らなかったりします。

 

 

今年も年末にかけてこの様な値動きが起こりうる、という可能性は高いです。

 

去年とは違うのは、投機マネーの流入も含めてそれ以上に「市場の拡大」によって引き起こされる、ということです。

 

 

2.今後の仮想通貨はどうなるの?

 

はい、1と重複しますが確実に「拡大」し続けます!!!

 

 

日本の金融庁が世界中の仮想通貨取引所に、「日本人に使わせるなら、日本での基準にのっとった交換業登録しなさい。さもなければ日本人には使わせないで下さい!」っていうストーカーレベルの「お手紙」を出していて、クラーケンやつい最近のHItbtcなどでは日本人が表向き上、「使用できない」自体になっています。

 

*各仮想通貨取引所がどう行動するかは自由。よく言われているように日本の金融庁に「強制力」はありません。

 

 

日本は最近、仮想通貨市場では確実に後塵をきしてますが、こんなことしていると世界に置いていかれます。

 

 

もう既に、さまざまな仮想通貨のプロジェクトの運営は本部を海外に移していますね。

(ガクトコインさんが参加されてるスピンドルも最近発表がありましたね)

 

 

日々仮想通貨ニューㇲを少しでもチェックし続けている人は分かると思いますが、これだけ世界規模でブロックチェーン技術を使ったプロジェクトが計画され、進められている中で、いまさらこの仮想通貨、そしてフィンテックの大きな流れを止められるはずがありません。

(そもそもCBOEがビットコインETFの承認申請をSECに提出した、という事実だけでもすごい事です。こんなガチンコの既存金融機関が動いたんですから。そしてその回答を”延期”した、という事は承認される可能性は非常に高い、ともとれます。)

 

 

今の仮想通貨全体の値動きは小さく、価格も下落しつづけ、庶民レベルでは「悲観ムード」全開ですが、実際に仮想通貨、フィンテックの世界を動かしている人達は短期的な価格など気にしていなく、ただただプロジェクトを淡々と進めています。

 

 

それが庶民レベルでも実感できるのは、今年の9月(秋)以降であり、もう一度年末にかけてある程度の価格上昇(暴騰?)が起きた、翌年以降でしょうね。

 

 

なぜなら、ある程度の形になりつつあるプロジェクトやビットコインETFなどのポジティブニュースが出てくると予想できるからです。

 

 

ただの投機マネーではなく、実態を伴った状況を背景にした資金流入が起こりうる可能性が高いです。

 

 

どのスパンで考えるかにもよりますが、仮想通貨ではノアコインにしろ、スピンドルにしろ、セントラリティやエイダコインにしろこれからです。

 

 

短期で利益を得たい場合はトレード、中長期でしっかり資産を作りたいならある程度の額をICOなどに参加し最低半年、一年スパンでホールドする、という考え方で行きましょう。

 

もう一度いいますが、

 

 

”仮想通貨は今からは本番”

 

 

ですよ!!!

 

~~~

最後に、僕が所属している、最高レベルのビジネスコミュニティを紹介します。

 

仮想通貨×トレード×ビジネス×資産運用、という内容が全て学べる場所です。

 

 

僕は去年の10月にこのコミュニティに参加したことでここまで成長できました。

 

 

もう毎日職場に働きに出て、月一の給料を貰い、その中から生活費を支払い、車や家のローン返済にあて、たまに自分への「ご褒美」にちょっと贅沢をする、という生活から抜け出しましょう。

 

 

これは、「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキのいう所謂「ラットレース」です。

「金持ち父さん貧乏父さん」

 

 

自分で時間や職場などに関係なく「お金を稼ぐ能力」を身につけることは今後の世界では必須になります。

 

そして、これを実行していくかどうかで人々の生活レベルも今まで以上に「2極化」していくことと思います。

このコミュニティに参加された方は、近い将来、確実に人生が変わっていると断言できます。

僕が参加している唯一の投資・ビジネスコミュニティ

2週間のクーリングオフもあるのでもし参加した後でも安心ですよ!

(普通はこんなコミュニティはありません)

 

コミュニティについて詳しく知りたい方は、このブログからやTwitterからメールしてもらえればお答えします。

僕のツイッターはこちら

 

コミュニティについて以外にも、何かあれば気軽にDMして下さいね!

 

また、将来的に僕も唯一参加しているこのコミュニティに入られた方は、特典として、仮想通貨にも応用できるトレード教材(20万円相当)を差し上げます。

 

これだけでも元は取れますよ!

 

 

 

 

 

 

では、また!!!

 

 

\(^o^)/