⏱この記事は15分で読めます

 

Experience has shown that many coins traded under USD 1 rocketed one day and we believe that our NOAH will fly to the moon, too.

 

NOAH trading reportから抜粋

 

 

 

1.いよいよ6月に突入!何にも無いわけナイよね!

 

さぁ、いよいよ今日から6月が始まりますね!

 

6月と言えばもう何があるか、ノアコインホルダー、通称「ノアクルー」のメンバーなら分かりますよね?

 

 

そうです!!!

 

6月12日にフィリピンのスペイン統治支配からの独立記念日があるんですね!

 

本当はこの6月12日に各取引所に上場する予定だったんですが、あまりの人気とかで急遽、繰り上げ上場を3月12日にHitbtcにて行われました。

(これ、ホンマかいな、と個人的には思っています。全部あのいずみん、いや泉さんや、ノア運営側の戦略ではないかと思っています。(笑))

 

 

 

 

 

 

 

で、この上場2週間目までは出来高30憶とかで、価格も4円、5円をつけており、「やっぱりノアコインは凄い。最終ICO価格の0.7円から6倍~7倍じゃん!」

 

とか思っているのもつかの間、その後4月に入ったらもうズー――――――と1円前後をウロウロし、5月の終わり頃にはなんと、0.77円とかつけやがっって、、、いや、つけていましたね。

 

 

少し、0.02円とか上がっただけでホットし、またすぐに価格が戻す度にノアクルーのイライラも沸点に到達していた訳です。

 

 

勿論僕も本当にイライラしたし、その度に近所の公園に行って落ちている空き缶を10メートル位蹴っ飛ばし、近所の下校帰りの小学生に白い目で見られたりしたんです。

 

 

 

 

 

ええ、分かります。

 

 

本当に苦しかったですよね。

 

 

ノアクルーの心境はみんな同じです。

 

 

僕と同じ様に近所の公園に行って、空き缶を蹴飛ばした人も多い事でしょう!

(イヤ、いないでしょ、、、)

 

 

 

でも、それももうそれも終わりです。

 

 

 

この「1円ヨコヨコレンジの牢獄」ももうすぐ終わるんですよ。

 

 

ついに、ついに開放されるんです。

 

その時が来たんです!!!

 

 

映画 「ショーシャンクの空に」から

 

 

何故なら、この12日に向けてノア運営側が色々なイベントを仕掛けてくると予想できるからです。

 

元々このプロジェクトは、フィルピンの出稼ぎ労働者の本国に向けた送金問題(送金手数料が高い、銀行口座を持っていない)等をフィンテック、ブロックチェーン技術を使用したトークン、ノアコインで解消する為のものであり、将来的には世界の貧困問題を解決する、という壮大な構想を基に始まったものです。

 

 

こんなに高い理想と明確な理念があるフィルピン発の、始めて世界で本格的な実需を成し遂げるであろう仮想通貨ノアコインの運営であるノアファウンデーションが、本国の独立記念日、それも元々はノアコインが上場する日に定めていたこの6月12日に、

 

 

 

まさか何も無く素通り

 

 

 

 

( ゚Д゚)!!!

 

 

 

 

 

するとは考えられないでしょう。

 

 

もし何も運営側から発表が無く、これ以上世界大手の取引所にも上場せず、ただただこの「1円ヨコヨコレンジの牢獄」を12日前後も続けるのであれば、ノアコインは終わりです。

 

 

もし僕がノア運営側で、この独立記念日が12日にあるのなら、絶対何らかの策を考え、ノアコインが普及していく大きなキッカケにします。

 

 

世界の歴史に詳しい人なら知っていると思いますが、16世紀以降の所謂「大航海時代」とは欧米白人にとってはイケイケどんどんのフロンティアスピリットであり、大いなる搾取の時代ですが、アフリカ、アメリカ大陸、東南アジア地域の「有色人種」にとっては筆舌に尽くしがたい時代だったんです。

 

興味のある方は調べてみて下さい。

 

 

 

で、当然フィリピンも長い間スペインの植民地で散々ひどい目にあいました。

 

 

 

まさか、その日に向けて何もしないとなったら、「ノアコインってなんなの?存在する価値あるの?」っていう位のものです。

 

 

 

 

ただのデータゴミです。

 

 

 

 

間違いありません。

 

 

そもそもイーサリアムベース(ERC20ベース)のトークンって結構簡単に作れて、それなりの技術者集団なら1か月~2か月で作れるといいます。

 

だからHitbtcなどでは出来高800円とかの「ナニコレ?」トークンが沢山あるんですね。

 

 

ERC20ベースのトークンの価値はそのプロジェクトの将来性と、実需に貢献しえるか、です。

 

ICO等でトークンを買うのって、簡単に言えばその会社の株を上場前に買う、という行為がただ仮想通貨を使い行われるってだけです。

 

なので上場した後になんの事業性もなかったら本当にデータゴミですね。

 

こういうのは沢山あります。

 

 

では12日前後に何があり、その前後の価格推移はどうなるんでしょうか?

 

2. 6月のノアコインの価格はどうなるの?

 

まず6月以降に行われることとして、

 

① 大手取引所に上場

② ノアコインのイベント(5月19日に予定されていたものが変更)

③ ノアコインを日本に普及させた立役者、いずみん、いや泉さんのイベント?

➃ その他ノア運営側からの様々な発表

 

 

があると言われていますね。

 

 

これらが行われていけば短期的な価格はどうなるかというと、当然ですが上がります。

 

どう上がっていくのかは簡単に出来高とライントレードで考えると簡単ですね。

 

出来高が増えてきて、売りと買いの絶対量が多くなっているのにも関わらず、価格が上がっていけば本物の上昇です。

 

 

全体のマーケットの合意の結果ですからね!

 

 

注目するべきは、週足レベルの直近高値、8円前後に一回値段が大きく下がる可能性が高い、ということです。

 

 

*HItbtc 2018/06/01 AM15:00のチャートから

ビットコインの価格85万円で計算

 

 

 

トレードでどんなチャートを形成するかは結局人間心理です。

 

で、人間ってとりあえず何か目安になるものを基準に考えます。

 

今回の場合だと、トレーダー心理的に、「この直近高値は直ぐには超えないだろう、1円からはもう8倍あって十分利益はでた、とりあえず利益確保しておこう」と考えるトレーダーが沢山います。

 

 

レンジを抜けたら直近高値で一度必ず下がる⇒大きなレジスタンスラインを背にした新たな売り勢力と、いままでの買い勢力の売りの利確があるから、っていうのはトレーディングの常識です。

 

 

人間心理がチャートを作っていきますからね。

 

つまり、急激に値が上昇してもここでいったん値が下がる確率は大きいでしょうね。

 

可能性として、去年の12月にあった、ビットコインの様なイナゴか形成されたら新しいレンジを形成することなく一気に高値更新するかもしれません。

 

ただ、今までのある程度のポジティブニュースが出ているのにも関わらず、何故か価格が1円前後を気持ち悪いほどキープしているのをみていると、この可能性は低いでしょうね。

 

 

セオリー通りの値動きならばその後、またレンジを形成し、この高値を抜けたら新たなる価格の「新世界」になります。

 

 

 

 

 

「1円ヨコヨコレンジの牢獄」を抜けて2円、3円と値段が上がって行くたびに、いままでの解放感から各ツイッターやテレグラムなどで「祭り」がおきて、早く利確したい人と、買い増しする人、新しく買ってくる人がチャートを形成していきますが、値が上がるにしてもこの直近8円前後は要注意ですね。

 

 

で、この直近高値を超えたら今までの繰り返しです。

 

 

テレグラムやツイッター、テレグラムなどで、今年中に100円、将来的に400円、はたまた1000円、中には4500円になる、なんて話もありましたが、どうなるんでしょうか?

 

 

もし1000円にでもなったらノアクルーの皆さんは絶対、人生が変わっているし、もちろん約束の地、「ノアシティ」で沢山の人に会えるでしょう。

 

いままでの人生では出会えなかった人達と出会う事ができたりして、人生が大きく変わりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

<NOAH CITY のプロモーション動画>

 

 

 

<泉さんによるNOAHシティ開発予定地の近隣施設の紹介>

 

 

 

一緒に会食をしたり、カジノで遊んだり、事業について話したり、と世界が広がっていくでしょうね。

 

ですが、良くいるようにくれぐれも短期的に沢山のお金が入ったからといって、「宝くじ破産者」の様にはならないで下さい。

 

 

あと、税金の事を考えておかないと、翌年破産する人も続出してしまう可能性が高いので気を付けて下さいね!

 

 

これ、絶対今年の末から来年の納税時期に話題になると思うんですよね。

 

 

 

いずれにしても、この2018年、6月12日前後と6月というのは、ノアコインの歴史の始まりになるのは間違いないでしょう。

 

 

もちろん、この記事は永久保存版にしたいと思います。

 

 

2023年にノアシティができる予定ですが、その時にこの記事をもう一度読んでみたらどう思うか楽しみです。

 

もちろん、その時は再度公開してみたら面白そうですね!!

 

 

 

 

3.最後にヒトラー総統閣下から

 

最後に、ユーチューブで面白い動画を見つけたので載せておきます。

 

 

今までのノアクルーの心境をこれほど正確に表現してくれているものは他にありません。

(注:一部不適切な表現があります。小さなお子様にはくれぐれもお見せないようにお願い致します。)

 

「ヒトラー ~最期の12日間~」からのパロディ

題名:ノアコインが爆上げ・・・しないので総統閣下がお怒りのようです

 

 

 

総統閣下がおっしゃっていた泉さん、土屋さんの動画は下記になります。

2018年3月13日に上場したノアコインの爆上げを予想! 泉忠司氏&土屋ひろし氏の激アツトーク!

 

 

 

最後に碇シンジくんからの反論

 

エヴァンゲリオン、碇シンジ君から

 

 

 

参考:

ノアコインホワイトペーパー(日本語)

 

 

 

 

 

 

To be continued。。。。。