⏱この記事は7分で読めます

ノアコインの最新情報です!

 

昨日、ノアコインが仮想通貨両替所、changelly(チェンジリー)で扱われましたね!

ここは今までの取引所とは違い、アルトコインからアルトコインに素早く、それもその時の一番優位な価格で交換できる両替所です。

 

 

今までのビットフライヤーやバイナンス、ノアコインを現時点で扱っているhitbtcなどの取引所などでは、一度ビットコインやイーサリアムに変えてから他のアルトコインに変えなければいけなかったので、多少面倒臭かった操作を解消してくれる場所です。

 

「仮想通貨同士を直にお得なレートで交換できる」のでわずらわしい操作や手数料も抑えられ、直ぐに他の通貨に交換したい人には重宝する場所になるでしょうね。

今現在でも200万人以上のユーザーがおり、世界最大手の取引所である、Binance(バイナンス)やBittrex(ビットッレックス)、poloniex(ポロ二エックス)、Hitbtcなどとパートナーシップを結んでいます。

 

ただ、仮想通貨の場合、株式の上場とは違ってもの凄くお手軽に「上場」できるので、上場したからと言って価値が上がるというわけではないんですよね。

株式の上場は物凄く複雑で厳しい検査があり、何年もかけてやっと東証などに「上場」しますが、仮想通貨の場合の「上場」は、お金を払えば簡単に上場できたりします。

事実、ノアコインが上場したHitbtcなんて一日の取引高が、2200円とかのコインが沢山あります。

 

 

 

もう、価格操作し放題でいいですね!!!

\(^o^)/

 

 

 

これらのコインは何の為に生まれ、その後どう利用されているのでしょうか?

謎ですね。

本当に興味深いです。

これらのコインの作成者と、上場させたHitbtcの責任者にインタビューして是非お話を伺いたいものですね。

(*’ω’*)

 

 

 

 

Binance(バイナンス)も同じように草コインが沢山ありますが、それらのほとんどはデータゴミです。

安易に取引場や両替所に上場したからといって無条件で喜ぶのはちょっとまって下さい。

(・∀・)

 

株式の世界とは違って、仮想通貨の世界での「上場」はお金を払うか、人脈からの影響などの、お手軽にできる簡単すぎる「上場」なんです。

なので、本来は「上場」という言葉を使うのは間違っていて、単に「扱われるようになったよ!よかったね!」程度の話なんですね。

(笑)

 

まぁ、仮想通貨の世界はその「上場」すらしないコインが沢山あるので闇は深いですね。

人間の欲望というのは恐ろしいです。

 

さて、少し話が長くなりましたが、ノアコインの場合は今後確実に人々に使われ、普及していくスキームが完璧に取られています。

仮想通貨が価値を持って普及する要因は、

 

① 暗号化技術がしっかりしており、運営側の通貨を普及させるビジョン、スキームがしっかりしている。

② 運営がまともなメンバー及び組織である

③ 実際に利用価値があり、今後普及しうる

 

です。

 

上げればキリがないんですが、簡単にいうと「今までの世界では不便なところを解消しうる」という要件が一番大事だと思います。

 

印刷技術、車、飛行機、インターネット、スマートフォン、

 

どれも以前の世界より使用すれば圧倒的に便利で、人々に受け入れられるから価値を持ってきました。

 

ここで重要な内容ですが仮想通貨市場は100%価格操作されています。

 

 

「仮想通貨の不都合な真実 ~絶対に知りたくない現実~」

 

 

 

株式や為替の世界でも短期的にはそうですね。

ですが、法体系が未整備で、生まれたてのテクノロジー市場なので所謂インサイダー的なものや相場操縦が簡単に行われ、それに対しての罰則がありません。

 

もうやりたい放題です。w

 

 

 

 

ノアコインの話に戻ると、

 

① ノアコインは400円まではもっていくスキームを用意している(数年以内)

② 年内までには100円前後を目指している(早ければ6月~9月あたりに爆上げか?)

③ 今年の仮想通貨市場は、4月~7月にかけて上昇し、そこから一度低迷、年末にかけてまた上がっていく

④ 大きな上昇の波は2回ほどある

⑤ いわゆる大口さん達(関係者各位)の初めの大きな利確ポイントは100円前後

 

 

さて、アナタはこの内容をどうとらえますか?

 

もう一度載せておきますが、この記事の内容とおおむね似ていませんか?

 

 

「仮想通貨の不都合な真実 ~絶対に知りたくない現実~」

 

 

 

 

以上の内容を信じるか、信じないかはアナタ次第です!!!