⏱この記事は11分で読めます

今日は仮想通貨投資にも関係のある、
ちょっと興味深い内容を書いていきたい
と思います。

 

ここで質問です!

 

皆さんはよくTVを観ますか?

 

僕は以前までは結構好きでよく観てい

たんですが、最近は殆ど観なく

なりました。

最近は仮想通貨の投資や、ビジネス関連の
情報を追い、関連のある書籍を一日中

読んでいたりします。

 

で、最近どっぷり頭が

 

「投資脳」

 

になっている中でふと思いました。

 

「そう言えば、最近はあまりみない

けど、前まで結構ダウンタウンなど

の番組に出演していた、

 

叶姉妹てなんであんなにお金を持って
いるんだろう?」

 

 

素朴な疑問ですよね。

 

 

 

別にメチャクチャ有能で、自分の会社を
立ち上げて社会に価値を提供し続けて

いる女社長や、

 

すぐ思いつくお金持ちの代名詞である

医者、弁護士とかでもないのになんで
こんなに金もっとんねん?

って思うのは

 

 

自分だけではないですよね。

 

まぁ、医者や弁護士、あと官僚なんて

今の時代あまりお金持ちのカテゴリー

には入らないかもしれませんが、、、

 

特に医者や弁護士は自分で開業

しないと、、、、

 

まぁ、それはいいんですが、次に考える

のはちょっとアヤシイ

内容ですよね。

 

つまり、あのナイスバディに、妖艶な

魅力で世界のお金持ちや、富豪の殿方

をメロメロにして、お金を稼いでる、

援助をうけている〇〇だったん

じゃないかとか、、、

 

 

ちなみに芸能界などでは、どんなに高級な

服や装飾品でもレンタルできたりする

ので、これらを持っているからといっ

てすぐ

 

「お金持ちだ、いいなーーーー!!!」

 

 

とか思うのは違うみたいです。

 

そこらへんの大人の世界の裏事情みたいな

ものは以下のリンク先に簡潔にまとめて

あるので、気になる場合は見てみて

下さい。

 

なぜ大金持ち?意外と知らない叶姉妹の謎

https://matome.naver.jp/odai/2140266892885695301

 

 

で、ここで考えてみたい事はこんなことでは

なくて、

実はこの叶姉妹は実はとても素晴らしい

収入源があるという話なんですね。

 

それは所謂、

 

「権利収入」

 

というやつです。

 

具体的には、NTTドコモからの権利収入で
月6,000万円の収入を得ているそうです。

 

この話は、携帯電話の普及の歴史と大

いに関係してきます。

 

今ではスマートフォンが普及し、このデバ

イスで電話やインターネットが出来るまで

になりましたが、昔はそうではありま

せんでした。

 

最初の携帯電話は、1970年半ばには

ワイヤレスフォン、1985年になると

ショルダーフォンが発売され

ました。

 

 

そしてこのショルダーフォンの値段は

なんと、保証金20万円、月額基本

使用料26,000円とかなりの

高額でした。

 

しかもこのショルダーフォン、重さが900gあり
さらにフル充電に8時間かかり、

 

最高活動時間40分という、今では考えられ

ない位超低スペックな割に超高額な

費用のかかるシステムでした。

 

「誰がこんなもの使うの?

〇カなの?!」 

「ポケベルで知らせてくれたら公衆電話
で連絡とるわ」

「普及するはずもないだろう!」

「高すぎるわ!!!」

 

しかし、この時代からNTTは携帯電話

の普及を目指しており、そのためには研究

開発の費用が必要でした。

 

そこで一部の芸能人や投資家に資金
の提供を募りました。

 

その時に資金提供の代わりに与えた権利
こそが権利収入です。

 

これは簡単に言うと、投資家の提供したお金を

元にNTTが発展すれば、発展した分だけ

投資家にお金が入るシステムです。

 

おっと、これは今世界中でホットな

仮想通貨のICOに物凄く似ていま

せんか?

 

 

結果として、現在のように携帯電話
は爆発的に普及し、NTTも一大企業
へと成長しました。

 

そしてこの発展のおかげとして、
当時資金提供をした人に終身的に
お礼金を払い続けるということです。

 

この投資家というのが叶姉妹の
祖父ということらしいですね。

 

そして現在彼女たちは何もしなくても
毎月6,000万円の収入があり、
年間にすると7億2千万円の粗利
があるそうです。

いつの時代も先物、先行者利益が
大事ということですね。

その他の権利収入芸能人はいろいろ

いらっしゃって、

 

1980年台に携帯電話の普及に資金提供
したのは叶姉妹だけではなく、他にも
何名かの芸能人が資金提供をしていた
らしいですね。

 

その結果の権利収入が、

 

大橋巨泉    月6億円

所ジョージ   月2億円

細木数子    月1億円

叶姉妹     月6000万円

 

ということです。
いいですね。権利収入。

 

だって初めにその対象の将来性にかけて
資金を提供できた人はその後何年もその
恩恵に預かれるわけですから。

 

「時間の経過が富の源泉」

 

 

です。

究極の収入源であり、世界の最上流の

人々はそうやって簡単に富を蓄え、

また湯水の様に使います。

 

 

世界は明確にピラミッド構造をして

おり、そのピラミッド構造の最大の

原因は

 

 

「情報格差」

 

 

です。

 

今までの世界はこの情報格差のおか

げで大衆と上流の差は凄いことに

なっており、決して覆ることはありま

せんでした。

 

しかし、僕たちは素晴らしく恵まれた

時代、そして時期に生きています。

 

そう、インターネットが情報格差を少

なくし世界をフラットにしつつあり、

更にこれに追い打ちをかけるように

仮想通貨を始めとするフィンテックの

通貨革命が起きているんです。

 

通貨発行権というのは世界最強、最大の
スーパー既得権益ですからね。

 

この世紀の地殻変動を察知し、勇気を

もって飛び込み、参加したものだけが

次の時代のメインストリームに

立つでしょう。

 

仮想通貨のICOやトレーディングに

参加し、情報収集を怠らず、努力を続

けている人は確実にこの叶姉妹と同じ

環境が手に入ると思います。

 

権利収入というのはこれほどまでに
爆発的に大きな収入を永続的に得られる
ものなんですね。

 

通貨革命がまさに始まろうとしている今
現在にこうして自分も参加できていることに

改めて今までいろいろ頑張ってきて良かっ

たと思います。

 

だって、この恵まれ過ぎた環境ですら
日本人の殆どが詳しい知識も情報も持たず、

 

「仮想通貨ってビットコイン?
あれ危ないよね、サギなんじゃない?」

とか言ってるレベルなんです。

 

馬から馬車、
馬車から飛行機、
飛行機からロケット。

 

 

今では当たり前なこれらのテクノロジー

ですら誕生した時は大衆の殆どが

否定してきました。

 

 

その分野の専門家と言われている人ですら
そうだったんですね。

 

「なにそれ、アヤシクない?必要ないでしょ?」

「人が空を飛ぶって?気でも狂ったか?」

「えー、月になんか行けるわけないじゃん!
大丈夫?」

 

今後はより賢くインターネットを
使い、上流の最先端の情報や知識
を身につけ、実際に行動できる人が
活躍していき、日本でも格差が
ドンドン拡大していくことでしょう。

 

この流れは絶対に止められません。

 

それは、人間はいつの時代も常に
同じように大多数が行動する
からです。

 

自分は本当に時代に感謝しかありません。

 

 

あなたはどうですか?