⏱この記事は12分で読めます

まだ殆どの一般の人は知らないで
しょうが、

ビットコインを始めとする仮想通貨
(正式には暗号通貨)の価格が100%
コントロールされていることは
常識になっています。

 

*以下の内容は、いちいち書き
直すのが面倒なので、日本で認知
されている呼び名である、
「仮想通貨」で統一します。

 

今回の内容は、自分の所属するビジネス
コミュニティ(今現在5つの有料
コミュニティに所属)の知識や
情報をもとに、

自分の知識や考察を交えて
まとめていきたいと思います。

 

今年は年明けから暴落しました。

 

 

今後どう世界の“仕掛ける側”が
仮想通貨の値動きを起こすの
でしょうか?

 

これにはパターンがあり、年末に
かけて大きく4段階あるといわれ

ています。

その流れを簡潔に書くと、

①Media(メディア)
メディアを使ってやっぱり市場は大丈夫
なんだと思わせる。
安心させる効果を狙う。

 

②Enthusiasm(熱狂)
仮想通貨は簡単にも儲かるぞ!
と過熱感をドンドン煽って大衆を
巻き込む。

 

③Greed(強欲)
人間の欲望を刺激し、更に投資
金額の増加と新規参入者を増やす。

 

④Delusion(妄信)
まだまだ価格が上がり続けると
思い込ませる。
意味不明に一気に価格が暴騰し、
新規参入者が増加。

「イナゴが群がる」と形容される。

 

 

さて、ここでちょっと考えて下さい。

 

 

この後、もしあなたが世界の金融を
取り仕切る超大口のプロであれば
どうしますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、
年末年始の状況を思い出せば分かり
ますよね。

230万から147万まで叩き落されました。

この間わずか3日間です。

 

 

以下はちょっと長いですが、去年からの
流れを簡単にまとめて、今年起こるで
あろう事を考えてみたいと思います。

 

 

 

年末からの大暴落。

自分もそうでしたが一時期ビットコイン
現物が230万円台まで行き、

 

「やっぱり仮想通貨は儲かるじゃん!
ウヒョー!!!」
とか思っていたのもつかの間、
待ってましたとばかりの

 

「世紀の空売り」

 

が起こりましたね。

 

このチャートの形から言って、ちょっと
テクニカル分析やファンダメンタル分析を
したきた経験者であれば、

 

「ヤバいな。。。」

 

って思ってこの局面では「買い」は
絶対にしません。

 

ここまでの経緯を考察してみると、

 

昨年の夏頃から徐々に仮想通貨が
メディアやSNSで取り上げられ、

 

「億り人」

 

という言葉も流行りました。

 

ちょうどこの時期に自分も気になって
以下の「2ちゃんねるまとめ」を
読み、

本当なら絶対にチャンスだと思い
仮想通貨市場に参戦しました。

 

 

リップル35万円分買ったら5,400万円になって人生変わったけど質問ある?

http://coinch.me/archives/25/

 

 

結果、今現在人生が変わりつつあります。

 

投資なんてしたことのない一般人にも
広く仮想通貨について知られ、
この夏からの流れで冬を迎えた
サラリーマンが、年末最後の
楽しみであろう冬のボーナスの時期
を迎えます。

 

 

この時期からタレントの出川哲郎さん
のコインチェックのCMが盛んに
TVに流れましたね。

 

 

いったい何故でしょう?

 

タイミング良すぎません?

(笑)

 

 

そして多くの人が市場に参加し、
大量の買いが発生します。

 

 

「仮想通貨は儲かる、自分も儲けたい、
ビットコインはずっと上がり続ける
だろう、本当に簡単に儲かってしまう、
乗り遅れるな!!!」

・・・

 

 

実際簡単に儲かりました。

 

 

ただ買うだけでいいんですから、、、

 

 

そして「世紀の空売り」です。

 

 

まぁ、これは大袈裟ですが。(笑)

 

この時期に、それこそまるで
イナゴが群がる様に買いを入れた
人達は、

 

微益で逃げたか、
上手く損切りしたか、
大きな損失で損切りか、
損失を被ったまま塩漬けか、
だったでしょう。

 

大抵の人は損したと思います。

 

だってこれまではどんなにビット
コインが下がってもすぐに持ち
直し、高値を更新し続けました
からね。

 

 

下がってもまた上がると思った人も多く、
下がった所で買い増しした人もいると
思います。

 

しかし今回はそうじゃありませんでした。

 

結局ズルズルと価格は下落し続け、
最終的には64万円位まで下落しました。

 

 

なんと最高値から70%以上もの下落です。

果たしてこれが偶然に起こるもの
でしょうか?

 

 

普通の金融市場でこんなことが起
これば、歴史に名を残す一大事件
ですね。

 

で、その“一大事件”から4か月ほどたった
2018年4月中旬にはこんな記事が出回って
います。

 

これは有名なコインテレグラフの記事です。

 

ビットコイン「年内に2万ドル突破」、仮想通貨ヘッジファンドが予測

https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-hedge-fund-pantera-capital-btc-will-highly-likely-break-20000-this-year

 

ビットコイン18年末までに270万円に 米著名アナリストのトム・リー氏が予測

 

https://jp.cointelegraph.com/news/wall-street-strategist-tom-lee-still-confident-bitcoin-price-will-reach-25k-in-2018

 

ビットコイン「22年までに25万ドルに」、米投資家が予測

https://jp.cointelegraph.com/news/im-thinking-250000-by-2022-tim-draper-reveals-new-bitcoin-price-target

 

伝説の投資家 ジョージ・ソロス氏、仮想通貨投資を計画

https://jp.cointelegraph.com/news/soros-fund-management-plans-to-launch-cryptocurrency-trading-report-says

 

 

めっちゃ上がる予測しとるやん!

しかもあのソロスが参戦!!!

 

これは上がるの間違いなし!!!

 

やったーーーーーー!

 

\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

さて、

 

ここでとても重要な投資における思考法
を書いて行きます。

 

 

ハッキリ言って誰にも教えたくありま
せんが、僕のブログを見てくれている
人だけの限定ですよ。(笑)

 

 

それは、こういう記事が出回っていると
いう事は、もう金融界の最上流の人達は
今まで少しずつ買いと売りを繰り返し、
自分達のポジションを巧妙に隠しながら
買いを仕込んでいるという事です。

とてつもない金額を動かせるので、一気に
買いを入れたら簡単にバレますし、
自分たちのポジションで値段が上がって
しまうので防ぐ為ですね。

 

 

ましてやまだまだ市場が小さい仮想通貨なら
尚更です。

つまり、こういうポジティブなニュースが
出回る頃にはこの金融界の最上流の人達
はポジションを仕込み終わっているという
ことです。

 

そして、上流の人達はこの世界だけで
情報をグルグル回しており、互いに
知り合いだったり、何らかの関係が
あったりすることが多いです。

 

一般大衆が情報を知るのはこの人達の

 

 

「おさがりの情報」

 

 

なんですね。

 

 

「俺達はもうポジジョン仕込み終わった

よー、今から価格が上がるからみんな

ドンドンかっていってね♡」

 

 

 

こういう内容はなかなか一般の書籍等には
書いて無いですがメチャクチャ超重要
なんです。

 

この知識だけでもあの「与沢翼さん」
がいうような

 

“超有料級”

 

の知識です。

 

これだけの知識でも相場で勝てる
人が続出するでしょう。

 

 

さて、

今順調にビットコインを始めとする仮想通貨
の価格が回復してきていますね。

 

 

昨年末からの大暴落からなかなか価格が
回復しない中での価格回復と、

 

 

それに続く世界の主要プレイヤーの
ポジティブニュース。

 

 

今年はこれからどうなっていくのか?

 

それは始めに書いた4段階のフェーズ
で進んでいくでしょう。

 

 

この現実、真実を知ってしまった
あなたはもう今年は仮想通貨投資で
勝ち続けられる事は間違いないですね!