⏱この記事は8分で読めます

2月26日~27日夜までのスピンドルの公式
Telegramのチャット上にて、

運営の方とスピンドル購入者との
有益な内容を抜粋して載せておきます。

ガクトさんや、スピンドルプロジェクト
を応援している方、並びに、
スピンドル購入者と、

本当はアンチだけどなぜかスピンドル
の事が気になる、全てのアンチの方に
届けます。

(‘ω’)ノ

 

質問:
SPDの持ち分20倍は数字上の事でも
ワクワクしますね^^
いつ頃反映されるのでしょうか?

 

回答:
〇〇様。はじめまして。
システム作業開始しております。3月下
旬頃を予定
しております。完了次第、
メールにてお知らせいたします。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

コメント:
この内容は凄く大事だと思います。

スピンドルホルダーの方は、スピンドル
の持ち分の1スピンドル当たりの価格が
1/20になると同時にこの価格の
10%が付与された状態で持ち数が
20倍になります。

このシステム上の反映が3月の下旬頃に
なる
ということですね!

 

このことについての詳しい内容は
⇒「ガクトコインこと、スピンドル情報
volume⑤」

http://global-snowball.com/2018/02/26/
をご覧ください。

(*’ω’*)

 

質問:
いつもホルダーからの質問に対する
回答ありがとうございます!

上場したら、日本円でいくらを
目標にされていますか?

 

回答:
〇〇様。こんにちわ。ロンドンから
ご返信いたします。

これは、皆様が最も気になる所の質問で
はございますが、
これから、全世界向け(米国、中国本
土、日本を除く)クラウドセールを実施

する上で、
上場した場合の予測価格を開示すること
はできません。また。上場時の価格は、

市場論理で予測困難なものとも言えま
す。あと、SPDの基準価格は、ETHに準
拠しておりますので、一概に日本円で想
定することも難しく思います。ご了承く
ださいませ。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

質問:
そういえば、どこかに明記されていたら
申し訳ない上、ただの素朴な疑問なので
すが、現在私達の購入したSPDはETHで

だとは思うのですが、上場前の現在はど
こでどのように保管されているのですか?

 

回答:
〇〇さん。お疲れします。お答え
いたします。

SPDトークンは現在開発中で、4月初旬
にはSPDウォレットva1.0(仮称)と共に、
皆様に付与
されます。この時点で、完全

にERC-20トークンコントラクトは完了し、
イーサスキャン上でもご覧頂くことが可能です。

 

コメント:
この内容も物凄く大切ですね。

「SPDトークンは現在開発中で、4月

初旬にはSPDウォレットに付与」

です。

ワクワクしながら待ちましょう!!

 

質問:
ところで話は変わるのですが、昨年の中
国のICOの規制に煽りかけてなのか、
日本でもそのような動きになろうと
しています。

内容としては今後のICO全面禁止又は差
しどめ〔遡及廃止〕もあり得ると言われ
てます。

どのような動きになるかは別であれ、今
後注意を払って行くべき内容になるのは
間違い無いでしょうね。

 

回答:
現状、日本で行われているICOについて
はほとんどについて金融庁から照会が
入っているようです。

内容を精査して発行体ごとに対応する動
きのようですが少なくとも積極的なト
ークンセールは歓迎されていないと
思います。

規制と産業の発展のあいだで方針が
揺れている印象ですね。

ちなみに弊社の法務チームの見解では遡
求廃止まで行うのは法律的にかなりハー
ドルが高く、現実的には公序良俗に反し
たICOでなければ適用するのは厳しいで
すね。

なのでSPINDLEに関してはその部分
についてはご安心いただいて
良いかと思います。

 

コメント:
そりゃ金融庁としてみたら、仕事は
増えるし、税金は取りにくい暗号通貨
なんて世の中に普及して欲しいハズが
ありませんよね。

でもこれはテクノロジーの進歩が生み
出す全く新しい通貨の概念が形作られる
時代の幕開けであり、

 

ガチガチに規制しようにももう誰にも
止められません。

 

日本だけが規制しようが、他の国で
認めてしまえば、日本人はインター
ネットを使いICO等に参加するだけ
です。

 

金融庁や国としては、

「そんなややこしいもん、認めたく
ないわ。でも自分たちが規制しても
各国が開発を進めて、日本がこの

 

新しい産業からおいて行かれるのは
有益じゃないんだよ。

 

資源のない小さな島国なんだから、
アドバンテージがあるとすればそれは
科学技術なんだよ。

 

いろいろ面倒くさいけど、上手く対応
していかないと仕方ないんだよね。

 

この大きな世界の流れに置いて行かれ
ない様にして、なおかつ日本ができるだけ
優位な環境をつくる事が日本にとっての今後の
課題なんだわ。

まったく、もー」

 

ってところでしょうか。
(笑)

 

日本って小さな国で、資源なんて

ほとんどありません。

 

でもなぜ世界で経済レベルが第3位を
誇っているのかというと、国民全体の
平均的な教育レベルが高く、これが支
える科学技術が根本にあるからです。

 

もし日本が、中国以上に暗号通貨につ

いてあらゆるものを全面的に禁止して、
でも他の国がこの民間レベルで開発して
もいいよー、ってやったら日本はおいて
いかれますよね。

 

これは日本にとって死活問題です。

麻生金融相もそこまで〇カじゃないでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF28001_Y4A220C1EB2000/

 

 

 

 

国がこの暗号通貨を始めとするフィンテック
の世界の進歩にどうしたら上手く対応し、
各国に遅れることなく、

 

尚且つできれば優位に立ちたい
っていう本音が毎日の様々な
ニュースを読み解いていくと
分かりますよね。

 

フィンテックの世界はまだ始まった
ばかりです。
^^