⏱この記事は10分で読めます

1月26日のコインチェックのNEM

流出事件は日本を始め世界に激震

を引き起こしましたね。

(正しくはNEMとはプラットフォーム

の名前で、通貨名はXEM(ゼム))

 

2014年のマウントゴックス事件は

当時のビットコインのレートを

1BTC=6万円としても470憶

ほどの損失でしたが、今回は

それを上回る580億円相当の被害

でした。

 

こんなニュースがある度によく

言われるのが、SNS上などで

「仮想通貨は信用ならない」、

「法定通貨の変わりは務まらない」

「仮想通貨は近いうちに消失する

だろう」、みたいな論調です。

 

また、「コインチェックは交換業登録

してないから~」

みたいなどこかで聞いたような事を

言ってる人もいますが、((笑))

本質はそこじゃ

ありません。

コインチェックはそりゃ金融庁から

したら簡単に登録させられないでしょう。

 

だって完全匿名通貨のモネロ、

ジーキャッシュ、ダッシュなんかを

取り扱ってたんですから。

 

金融庁が簡単に許可するはず

ありませんよね。

 

ちなみにこれ、ニュースピックスの

所謂、「エリート」みたいな経歴

ズラズラ並べてる人や、気取った

個人写真をつけてもっともらしく

コメントを書き込んでる弁護士

や、医者みたいな人も言っていたり

しますからね。

 

みんなしっかりリサーチしたり、

勉強したり、実際に世界の動きや

市場の雰囲気を感じながら投資をしたり

取引をしたりしているわけでは

ないのが良く分かります。

みんなただの

 

「評論家」

 

なので参考程度にする、くらいの

態度でないと大きな機会損失に

なります。

 

まぁ、立派な肩書があれば一般の

人はハロー効果でその論調に引きづ

られるでしょう。

 

ちなみにハロー効果とは、

 

「社会心理学の現象で、

ある対象を評価をする時に、

それが持つ顕著な特徴に

引きずられて、他の特徴

についての評価が歪められる

(バイアス)現象のこと。」

です。

 

現代は個人の時代です。

 

普通の本がとても高価で一般人が

購入できず、勉強できるのは金持ちの

子弟、みたいな時代ではなく、

 

有益な情報や知識はいくらでも

得られる時代ですよね。

 

だからこそ、個人のセンス、

能力でいくらでも賢くなれる

のであって、肩書は

関係ありません。

 

僕の考えとしては、正しくは暗号

通貨で~みたいなところからツッコミ

を入れたくなるのを我慢して、

意見を言わせてもらうと、

 

この暗号通貨の世界的な普及はもう

止められないし、

日本を始め世界各国の政府が、

いかに自国のマイナス面にならない

様に暗号通貨の取り扱いを

ソフトランディングさせるか、

という方向性で動かなくてはならない

必要性に迫られている、という事です。

 

ヘタに韓国や中国みたいに規制

してしまうと世界の流れから

取り残されてしまいますからね。

 

ただ、国が発行する法定通貨との

折り合いや、税金問題をどうするかで

今、国の関係省庁は大いに頭を悩ませて

いるでしょう。

 

ちなみに、これは麻生太郎財務・金融相

も言っているんですよ。

 

⇒麻生金融相、仮想通貨

「何でも規制すればいいとは思わない」

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12H7I_S8A110C1000000/

 

でもこのヒト、マウントゴックス事件では

「あれは、通貨か。通貨として

誰もが認めているわけではない」

「こんなものは長くは続かないと思っていた。

どこかで破綻すると思っていた」、

と言っています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDF28001_Y4A220C1EB2000/

 

金融相がこんなレベルなんですよ。

それを考えると、巷の意見なんて

何おかいわんや、ですよね。

 

今回のコインチェックの問題は

残念でしたが、新しいテクノロジー

の過渡期では普通の事ですよね。

 

馬車から車、そして飛行機の出現

の過渡期に飛行機事故が一回も無く、

現代の様な人が空を飛ぶ当たり前の

時代になったのではありません。

 

ライト兄弟は初め、

 

「空を飛ぶことなんて無理に決まってる!

頭おかしいんじゃないか」

 

と言われてたんですよ。

 

暗号通貨をはじめとするフィンテックの
市場は今から爆発的に拡大していきます。

 

同時に国の最高の権力と言ってもいい、

「通貨発行権」と「その扱い方」

が暗号通貨の出現によって

 

「民主化」

 

されてきています。

 

ただ、心配事もあってもし国が

円やドルの暗号通貨を作ったら

今現在の暗号通貨はどうなるのか、

という問題や、量子コンピューターでの

 

暗号解読問題、ブロックチェーンでの

トレーサビリティ(追跡)を容易に

する為に国などがアドレスと合わせて

マイナンバーなどを必ずhashする、

なんていう事態になると、

またいろいろ条件が変わってきます。

 

 

面白いですよね。

 

 

今のフィンテック市場はまさに

 

「カオス」

 

で、だからこそ一般大衆にもチャンスがあります。

 

いいんですよ。

 

ぶちゃけた事いうとほとんどの人の

関心ごとは暗号通貨の未来より、

 

「それが稼げるか、稼げないか」

 

だと思うんです。笑

 

で、今は暗号通貨は確実に

 

「稼げる」

 

んですよ。

 

それも今までの株や為替の様な

金融商品ではありえない

規模で、、、、

 

いいじゃないですか。

 

今のこの誰でも簡単にものすごく稼げる

時期を上手に利用して稼げるだけ稼ぎ、

 

それが達成出来たらまたその時

いろいろ考える、

ということで。 (^^)

 

今ほど混沌としていて面白い

時代はないですよ。

 

ただそれも今年、そして来年が最後でしょう。

 

その後は確実に市場が整備されます。

 

現在の株や為替の様な世界になり、

大資本も入ってくるでしょうから

一般大衆は今まで通り

 

「カモ」

 

にされて終わるでしょう。

 

僕は散々経験しました。

 

 

ハハハ

 

 

この歴史的なテクノロジーの

過渡期であるフィンテックの

世界で、成功できるか、

 

ただの傍観者となって将来

取り返しのつかない後悔をするのか、

それは自分次第ですよね。